平成29年入社

山中 成彦

NARUHIKO YAMANAKA

コメダ珈琲店下丸子店 / 正社員

scroll down

「人に喜んでもらう」本当の意味でサービスを考えている仲間たちがここにはいます。

人と話すこと、人と接することが好きで、また、人に喜んでもらうことが好きでしたので、これしかない、と感じ、コメダ珈琲店に入りました。最初は本当にそれだけの理由で飛び込みましたが、働くうちに、どのようにしたらこのお客様は喜んでくれるだろう、どのようにしたらこのお客様はまたこのお店に来てくれるだろう、と考えるようになりました。
自分がそうであるように、一緒に働いているスタッフも同じ考えを持っており、そういう人たちと一緒になって共通の目的のために働けていることが本当に楽しく感じ、本当に贅沢なことである、と考えるようになりました。

日々の仕事を通して、やりがいを感じられる場所。

お客様が言ってくださる、「ありがとう」や「美味しかったよ」というお声が一番の魅力であり、サービス、接客の仕事をしていてよかった、感じるところです。スタッフ全員が一丸となり、お客様一人一人に満足して頂くために働けていることが嬉しく、楽しく感じます。
多くの人と接する接客業ですが、コメダ珈琲店も例に漏れず、多種多様な人と接することになります。そういった人たちと接する中で、色々なお話を聞けたり、様々な体験することができ、自分の「人間性」というものを大きく伸ばすことができていると日々感じます。それこそが楽しく、また大きな魅力であると思います。

モチベーションは伝搬する。前向きな空気が流れる職場です。

「社員」と「アルバイト」の違いはあるけれども、「お客様のために」「スタッフみんなのために」という気持ちの在り方については一切の違いがなく、それぞれの共通の認識として深く根付いているお店である、と感じます。
大きな目的のためには、社員の考えだけではなく、アルバイトスタッフからの意見も取り入れるお店で、実際にその門戸、それ自体も広いように感じます。意見をしっかりと聞いてくれる、とスタッフそれぞれがわかっているからか、全員のやる気、モチベーションは他の店舗よりも高いように思います。そのモチベーションがまた、周りのスタッフに伝染し、みんなのパワーに繋がっているようにも感じます。

本当の意味で大切なことを教えられたのが、何よりの財産だと思う。

コメダ珈琲店で働くうちに、「誰かのために」「スタッフみんなのために」という気持ちを本当の意味で感じるようになりました。
誰かが困っているなら、お客様でも、スタッフであっても助けたい、と思うようになり、また、自分自身も周りの人間に助けられているんだ、と身をもって感じるようになりました。
私自身、将来は自分のお店を持ちたいと考えておりますが、「決して一人で生きているのではなく、周りにいるみんなと助けあいながら生きているんだ」ということをスタッフに伝えることのできるお店にしたいと考えるようになりました。この仕事を通してそのことを学べたことが自分自身の大きな財産になりました。